会の歴史

1.会の生い立ち

丹沢自然保護協会は、1960年(昭和35年)に設立された、全国でも古い方に属する自然保護団体です。

 

始めは「丹沢の自然を守る会」といいましたが、

発展と共に1968年(昭和43年)に「丹沢自然保護協会」と名前を変えました。

2004年(平成16年)時代の変化に対応して、これまでの任意団体から法人化し、

「特定非営利活動(NPO)法人 丹沢自然保護協会 として、新たな出発を致しました。

 

設立者の故中村芳男は、第二次世界大戦後、苦難を乗り越えて丹沢の札掛に入植し「丹沢ホーム」を設立、

戦争によって不幸な立場になった人たちと共同生活をはじめました。その中で「空に鳥 森に獣 川に魚」

のいる自然が自然であるという当たり前のことが、人が生きていくために、

特に子供たちにとって大切なものだという信念を持ちました。

このことが、いつでも私たちの考えの原点です。

2.活動の歴史

昭和30年代、 シカの狩猟解禁問題や森林の伐採など自然環境に影響が出てきました。

昭和35年から シカ問題、自然観察会を主に活動と平行して

昭和47年頃から登山ブームによるゴミの問題に取り組みました。

昭和40年代、 丹沢のシカの数は500頭以下と推定されていました。

昭和58年冬  大雪が降り、丹沢のシカが餓死し激減しました。

       シカ猟解禁時期がまじかなため

昭和59年から、密猟監視ククリワナ撤去、県への対応の要望などのシカの保護活動に

       取り組みました。

      (環境の激変、全山皆伐による造林事業が行われ、

       皆伐地に草が生い茂ったため、

       シカのえさが豊富になり、シカが急増しました。

       植林されたスギ・ヒノキの成長により、

       草地が減少し、シカのえさが急減していきました。

       えさを求めてシカが稜線部まで進出し自然破壊が起こりました)

平成に入り  コリドー(緑の回廊)計画を推進し、植樹、間伐、崩壊地整備などコリドー(緑の回廊)作りに取り組んでいます。

      (コリドーの目的、動物が孤立した環境で健全に種を維持していくためには、近親交配による遺伝子の劣化を防ぐため、

       えさの量に関係なく一定数の生息数が必要です。緑の回廊で動物〔遺伝子〕の交流が図れれば、えさの量に合わせた

       生息数でも種の維持が可能となります)

 

詳しくは、下記年表をご覧ください。

3.年表

西 暦  活動内容 結果
1960年 丹沢の自然を守る会設立  
    丹沢山塊が「県立丹沢大山自然公園」に指定される
1961年   鹿狩猟1970年まで全面禁猟となる
1965年 丹沢山塊が「丹沢大山国定公園」に指定される  
1968年 丹沢自然保護協会設立(丹沢の自然を守る会から、名称変更)

初代会長に甘利正就任

(神奈川県議会議員、後・衆議院議員

  会報「丹沢だより」発刊  
1971年

全国自然保護連合の設立推進、設立準備会議及び設立総会を、

札掛・丹沢ホームで開催

 
  第一回全国自然保護連合総会を箱根湯元の観光協会会館で開催 環境庁長官、箱根町長など列席
1972年 環境教育の必要と次世代育成から、協会内に「森の学校」設置

8月に第一回を開催

現在、春・夏・冬の年3回開校

  小田急電鉄の、大倉尾根・花立ロープウエイ架設計画に反対

神奈川県および山岳会が賛成推進するが、

小田急電鉄トップの英断で、

計画を凍結、中止になる。

1973年 二代目会長に中村芳男氏就任  
  山のゴミ問題に取り組む・ゴミの持ち帰り運動発足  
1974年 ゴミ持ち帰り運動を重点活動に推進、実施

丹沢の利用向上の呼びかけ

ゴミ袋の配布・登山道の清掃活動・他

  神奈川県に要望・・・唐沢林道建設に対し意見書提出 工事手法も含め、年度ごとの事前協議が約束された
1977年 東京電力高圧送電線(奥多摩新線)建設計画反対運動  
 

東京電力に対し、送電線ルートの変更を要望。

鉄塔の高さ変更、鉄塔および絶縁碍子など

 

自然景観に配慮した着色を要望

協議を重ねる事で、ルートの変更、鉄塔の高さ、

鉄塔および碍子の着色、

工事手法など一部であるが了承を得る

1978年 丹沢大山地区ゴミ持ち帰り推進協議会発足 当会の運動を移管
1981年

会長の中村芳男・登喜子が 

第30回神奈川文化賞を夫婦連名で受賞

社会福祉・自然保護の活動評価
1984年

神奈川県に要望書提出

 ・・・大雪による野生鹿への影響と保護に関して

 
1985年

神奈川県に要望書提出・・・

 野生鹿猟解禁の再検討について

 
1986年 県に要望書提出・・・野生鹿保護に関して  
1987年 密猟防止キャンペーンで野生鹿のくくりわな撤去活動 

ユーシン地区で3回合計259個の

くくりわな発見し撤去した

 

丹沢で活動する、各大学が「丹沢シカ問題連絡会」を結成。

学生が中心となり活動を展開

日本自然保護協会・助成事業
 

平塚営林署長に要望書提出

 ・・・丹沢山地における野生鹿問題について

 
 

ゴミ持ち帰り運動で

神奈川県環境保全功労者湘南地区行政センター所長表彰受ける

 
1988年

文化庁、環境庁、林野庁各長官に要望書提出

 ・・・ニホンかモシカ保護について

 
 

神奈川県教育委員会に要望書提出

 ・・・ニホンかモシカ保護について

 
 

神奈川県に要望書提出

 ・・・丹沢山地内における林道工事について

 
 

神奈川県に要望書提出

 ・・・鳥獣保護区内における猟犬の訓練、林道管理に関する詳細

 
1990年 二代目会長中村芳男氏逝去、青砥氏会長代行に  
 

神奈川県に要望書提出

 ・・・丹沢大山国定公園の学術調査の実施について

 
1991年 神奈川県に要望書提出・・・丹沢大山学術調査実施に関する詳細  
1992年 三代目会長に青砥航次氏就任  
  仲ノ沢(通称・小川谷)治山管理道建設に反対  
 

神奈川県に要望書提出

 ・・・傷病鳥獣保護と野生動物の管理について

 
 

神奈川県に要望書提出

 ・・・小川谷周辺の治山工事及び保安林管理道路計画について

 
  自然保護活動の功労で県知事表彰を受ける  
1993年 丹沢大山自然環境総合調査始まる  
  「日本列島コリドー構想研究会」発足

会長に京大理学部教授・河野昭一氏に依頼。

承諾される

1994年

神奈川県に要望書提出

 ・・・246号バイパス建設計画に伴い、

    オオタカをはじめとする野性動植物への

    影響と保護 について

 
1995年

神奈川県に要望書提出

 ・・・仲ノ沢(通称・小川谷)治山管理道について

   (反対の再要望)

治山事業および管理道建設に伴う、

官民学参加の協議会設置

  第10回 くくりわな撤去キャンペーン実施 通算700本のワナを撤去
1996年 四代目会長に中村道也氏就任  
 

神奈川県に要望書提出

 ・・・自然環境行政推進のため、保全センター設置要望

 
 

神奈川県に要望書提出

 ・・・丹沢の森林整備について

 
 

林野庁・環境庁に要望書提出

 ・・・遺伝子を基本とした、遺伝資源地域設定、

    および、コリドーの設置

 
    小川谷保安林管理道路工事休止決定
 

東京農業大学百周年記念講堂に於いて、

全国コリドー(緑の回廊)フォーラムを開催

参加者800名
1997年 丹沢大山自然環境総合調査終了  
  かながわ地球環境賞受賞  
  前年に引き続き、第2回全国コリドーフォーラムを開催 参加者800名
 

東京営林局に要望書提出

 ・・・コリドー設置を前提にした、世附国有林の稜線部を

    鳥獣保護区指定へ要望

 
  布川流域、札掛橋から一ノ沢考証林へ、約1.5㌔の道路建設に反対  

1997年

丹沢・箱根・伊豆・富士山・山梨の一部で遺伝子調査実施 地球環境基金助成事業 
2000年 遺伝子マップ作製・発刊  
1998年  

布川流域治山管理道開設計画中止。

約300mの歩道整備。

 

丹沢の自然の保全とコリドー構想の実現に向けて、

市民参加による第1回植樹活動 

大倉尾根登山道 花立周辺 

参加者280名(神奈川県と協働)

植栽は遺伝子を基本に地域産樹種とし、

その生産を要望

1999年

神奈川県に要望書提出

 ・・・森林の総合的一体管理の為、 行政関係機関を統合、

    総合的管理組織として、丹沢大山管理センターおよび

    生態系保全センターの設置丹沢大山保全委員会の設置の提言

 
  第2回 植樹活動を実施

大倉尾根の植樹活動を神奈川県に移管。

当会独自の活動場所として、

三ノ塔治山施工地跡地に設定。

年2回、募集人員200名

    セブンイレブン緑の基金助成事業
2000年 神奈川県に要望書提出・・・緑行政関連機関の見直しについて  
 

神奈川県に要望書提出

 ・・・丹沢大山自然環境保全について

 ・・・エコシステムマネジメントに立脚した保全事業の早期実施

 ・・・自然環境保全のための人材育成

 ・・・保全対策実施に向け、

    受益者負担の原則に基づいた新税設置も含めた 

    財源の確保

 
2002年

丹沢フォーラム提言

 ・・・野生シカ生息環境の保全を県に要望併せて

             丹沢大山学術総合調査の再実施について提案

 
                 

植樹地を三の塔山頂直下の斜面に移し

継続実施していく

2003年 神奈川県に要望書提出 ・・・丹沢大山自然環境保全について  
2004年 特定非営利活動法人丹沢自然保護協会設立(法人化、名称変更)  
  初代理事長に中村道也氏就任  
  厚木市の大山ロープウエイ計画に反対の要望書を提出  
  神奈川県から県民功労者表彰を受ける  
   

植樹活動に対し、神奈川県が主催する

「丹沢の緑を育む集い」

より参加の申し出があり受諾、

実行委員会形式として協働実施

2004

 ~5年

丹沢大山総合調査事務局業務の受託  
2005年

神奈川県に要望書提出

 ・・・神奈川県に自然環境保全センターの機能強化 

    および自然環境保全事業に関わる

    外部評価委員会の設置検討を要望

 
2007年 三の塔山頂治山施工地の植樹完了

次回から三の塔山頂治山施工地隣に新設された

保護柵内に植樹する

2008年 丹沢大山植生回復事業の希少動植物調査の受託  
2010年 神奈川県に要望書提出 ・・・水源林に於ける森林管理手法について  
  神奈川県に意見書提出 ・・・シカ管理に対する意見  
  中村理事長、環境大臣表彰を受ける  
2011年 三の塔山頂の植樹完了(2011年5月) 次回から植樹地を大山北尾根治山施工地に移す
  大山での植樹試行(2011年10月イタミツ尾根上部治山施工地)  
2012年 大山北尾根治山施工地での植樹開始  
2013年

神奈川県に要望書提出

 ・・・水源林事業地に於ける森林管理手法について要望

 
 

神奈川県に要望書提出

 ・・・林道整備、改修に対する手法の見直し、

    および、協議の場の設置

 
 

神奈川県に要望書提出

 ・・・県立ビジターセンター施設統廃合に反対する意見書

 
2014年

高標高域での土壌保全、林分配置等の見直しを前提とした

森林管理手法の検討を提案

 
  大山北尾根治山施工地での植樹活動完了  
2015年 烏尾山治山施工地の植樹をもって高標高域での植樹活動終了 次年度以降、中低標高域での植樹活動に移行
   

モニタリングを、参加者の拡大・継続のため

丹沢の緑を育む集いに移管

2016年 菩提峠での本格植樹活動開始  
ル2