丹沢自然保護協会の紹介

組織概要

会の所在地: 神奈川県愛甲郡清川村煤ケ谷5172

理事長: 中村 道也

電話: 0463-75-3272   

事務局: 神奈川県藤沢市長後2499 山形方

      丹沢自然保護協会事務局

メール:   teruoyamagata@ybb.ne.jp 


活動理念

1.活動地域:神奈川県内全域(主な活動は丹沢山地)

2.基本理念:「空に鳥 森には獣 川に魚を」・・・丹沢の豊かな自然を保護、保全し次世代に繋ぐこと

3.活動内容:専門的な調査・研究から街中の自然観察会まで幅広く行い、自然保護思想の普及及び啓発を行う。

4.重点を置いている活動

  (1)緑の再生事業

   1993年から野生動物と人の共存を目指し、森林の再生活動に取り組んでいます。

   具体的には「コリドー(緑の回廊)を丹沢から」をテーマに以下の2事業を行っています。

      ①植樹活動      ②森林整備体験活動

  (2)森の学校

   1972年から子供たちに環境教育と次世代の育成を目的に「森の学校」を行っています。

   学校の休みに合わせて、夏休みに「夏の教室」、冬休みに「冬の教室」、春休みに「春の教室」を実施し様々な学習体験を行います。

 

私たちの目指す森林

現在、丹沢では「生物の多様性」の低下が危惧されています。

主たる要因は、私たちの生活が直接、間接に影響を与える都市社会の活発化と言われています。

生活の見直しはもちろんですが、植栽活動は「私たちが出来ること」の手段の、一つであり、森林の豊かさを改めて知る活動でもあります。

そのために私たちは「植える」事が目的ではなく、早期に樹木が育つ環境を整え、自然の回復力に任せる事を考えています。

人為的に撹乱、あるいは分断された地域を繋ぐコリドー・緑の回廊も在来種による森林再生を基本に考え実践しています。

 

その土地にあった樹木が復活し、生長し、森林が形成される事を期待しています。

元気でいたら100年後にこの森林で会いましょう。
元気でいたら100年後にこの森林で会いましょう。